色々お絵描き帳

create-cg 色々屋清兵衛のお絵描き色々、紙の上の手描きからパソコンで加工、CGの作画、その工程とラフスケッチなど、高齢者のつぶやきです。

陸に上がった船

海を目の前に暮らしている。
子どもの頃から変らない景色だ。


夏も冬も船に乗って海に出た。
網を手繰って漁をした。
ささくれた指で網から魚をはずしていた。


子どもの頃は海が近かった。
父に代わって櫓を漕いだ。


真夏の夜の海の上に寝て
空に蠍座を眺めるのが好きだった。


横たわる天の川を越えて
真冬の雪の合間に北極星を目指した。


都会で生きるには
異なる船に乗るしかなかったから

大人になって海は遠くなった。


不肖の息子は父の仕事を継がなかった。
主を失った船は陸(おか)に上がった。



陸(おか)に上がった船は
成す術も無く朽ち果てていく。
もう漁を得ることはできない。


ただできることは
その姿を描くことだけだった。


船を描くと海と父が居た。
35年前のことだった。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。