色々お絵描き帳

create-cg 色々屋清兵衛のお絵描き色々、紙の上の手描きからパソコンで加工、CGの作画、その工程とラフスケッチなど、高齢者のつぶやきです。

線で絵を描く

絵を描くときの始まりは線であることが多い
鉛筆の線
木炭の線
筆の線
ボールペンの線


そして
線で描くことほど難しく
これほど楽しいことはない。


若い頃ヌードを描くのは楽しかった(^^)
モデルの背後の席になると・・・楽しくない!(笑)


背中もお尻も何も無いので難しかった!


浮世絵から漫画まで、線だけで表現できる世界がある
強弱と太細、濃淡も含めて線には色々な表情がある


繊細な線、揺れる線、まっすぐな線、ギザギザな線、力強い線・・・


物のアウトラインを描くことから
線の表情は感情にまで結びつける


琴線に触れる・・・って、???
涙腺を刺激するって、感情だから
涙腺を刺激する線もあるかもしれない


その線を追って見ると
感情の表現ができるかもしれない(^^;


線についての説明は多いが理解は難しい。
線について言うのは簡単
線を描くのは超難関


「アウトラインは線ではない」とか、
「線でなくなるラインがある」
「線で量を感じさせる」と言われる。

その意味は
「線で立体を現します」とか
「線は面の一部です」とか
「線は点の連続です」って
これを言われると
目が点になる(・・;)


絵を描くときに単に線を描いただけならば、
それはタダの線。


しかし、描き手が意識を持って
「距離をあらわす線」
「立体を表現している線」
「柔らかさを表す」
「重さを感じさせる」
「硬さを描く線」
「線で感情を表します」とか。


意識して表現すれば


「線は線でなくなる」。


・・・いや、


見た目・・・


線は線ですよ!  (((((((((^^;






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。